TOP PAGE blog top  管理画面

17/07/23 木のピックとドラムスティック

2017/07/23

ギターやドラムなどの楽器を考える場合、普通はギターやドラムが楽器であって、ピックやスティックは道具だと考える。

道具だと考えているから、使いやすいものが良い、と考えがち。
 
だが、ピックやスティックも楽器のうちと考えよう。
ある程度の大きさがあって、ある程度の硬さがあるものなので、何かにぶつければ音が出る。
音が出るなら、楽器の音の一部となるわけで、弦や、ヘッドや楽器本体と同じように気を使いましょう。
 
ピックの素材も、金属や樹脂よりも木のほうが音の周波数成分が下がります。 柔らかい音になります。
一旦、木のピックで弾いてから、樹脂のピックに戻してみると、いかにピックがノイズを出していたのかが解ると思います。
 
ドラムのスティックも、叩けば音が出ます。
しっかりと握ってしまうと、振動する部分が減って周波数成分が高い方にずれます。
これが耳障りなノイズになるので、スティックをルーズに握るというのは絶対に必要です。
 
ギターの音に不満を持って、別のギターを欲しくなる前に、
ピックを変えてみては如何でしょう。


貴方のコピーライトとかをここ